アクセスカウンタ
プロフィール
アホ支群本部
千葉県東葛郡市川町に大正年間に創業した「市川広小路 平和堂」。 創業以来、市川の地で国府台連隊をはじめ、軍部隊納めの商いを行うも市川空襲で焼夷弾の直撃を受け被災、廃業。 平成20年。半世紀余りの眠りから覚醒し、国防産業の「隙間のスキマ」を狙う「国防商会」として再始動。 部隊購入、隊員個人によるセミオーダー、PXメーカーに対する助言等、「かゆいところに手が届く」各種個人装備、被服、旧装備の復刻等を行っています。 詳細は「オーナーへメッセージ」よりご連絡下さい。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
QRコード
QRCODE

2013年05月30日

M1カービン製品化?

――と、「沖縄のカービン」についてしたためていたらすっかり本題を忘れていたので別記事にて。



「King Arms // M1 Carbine coming soon!」
http://blog.airsoftcommunity.de/king-arms-m1-carbine-coming-soon

「RedFireHK(Facebook)」
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.653790844636244.1073741827.519584648056865&type=1

局地的に話題となっていたKingarms製のM1カービンの試作品がここ数日、海外でも話題になっている気配。

個人的には四季を通じて使える電動であって欲しい――と、願うも、チャンバー周辺の様子からガスブローバックの雰囲気。



https://www.facebook.com/photo.php?fbid=653791381302857&set=a.653790844636244.1073741827.519584648056865&type=3&theater

「使えるカービン」が発売されれば、前出の「沖縄円ドル交換輸送警備」。ちょっといじってしまえば「金嬉老事件」の豊和M300も再現できちゃう。さらには警察予備隊から21世紀初頭の「空自の三線基地」まで再現出来ちゃうのである。





意外にも「日本の鉄砲」的に穴であったM1カービン。続報が気になる今日この頃。





同じカテゴリー(雑記)の記事画像
旭日祭
機動隊について (読書)
戦後警察けん銃調査の雑感 2
戦後警察けん銃調査の雑感
ネオ零度シティー 2012
同じカテゴリー(雑記)の記事
 旭日祭 (2013-02-11 13:57)
 機動隊について (読書) (2013-01-09 07:00)
 戦後警察けん銃調査の雑感 2 (2012-12-07 21:27)
 戦後警察けん銃調査の雑感 (2012-11-23 15:26)
 ネオ零度シティー 2012 (2012-11-01 00:00)
Posted by アホ支群本部 at 18:01│Comments(5)雑記
この記事へのコメント
楽しみです!( ´ ▽ ` )ノ
Posted by やまさん at 2013年05月30日 21:04
はじめまして
HOPPYです

めちゃめちゃ マニアックなブログではありませんか

昨年亡くなった父(享年71歳)が、第七機動隊に配属されておりました
当時浅間山荘の現場にも就いたそうです

小隊長が撃たれたあたりでは、昇進試験があったため東京に戻っていたらしいですが・・・・・・
身近な方が亡くなられて 複雑な気持ちだったそうです

そんな関係で、実家には警官グッズがゴロゴロしておりました
ほんとうに小さい頃は、警察手帳や拳銃が・・・・・

父親のことを ふと思い出させていただけるブログにお招きいただきまして ありがとうございます
Posted by HOPPYHOPPY at 2013年09月08日 00:46
最近、更新がなくさびしく思っております。
貴重なブログでしたので・・・復活を望みます!!
Posted by グリコ at 2014年01月08日 13:23
パスワード忘れて完全放置状態に突入しておりました。が、再始動します!
Posted by 平和堂平和堂 at 2014年03月24日 20:25
>HOPPYさん

お父さんですが、まさに「治安の礎」として激動の時代を生きられたんですね。機会があればぜひともお酒でも飲みながらお話聞かせてもらいたかったところです。
Posted by 平和堂平和堂 at 2014年03月24日 20:27
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。