アクセスカウンタ
プロフィール
アホ支群本部
千葉県東葛郡市川町に大正年間に創業した「市川広小路 平和堂」。 創業以来、市川の地で国府台連隊をはじめ、軍部隊納めの商いを行うも市川空襲で焼夷弾の直撃を受け被災、廃業。 平成20年。半世紀余りの眠りから覚醒し、国防産業の「隙間のスキマ」を狙う「国防商会」として再始動。 部隊購入、隊員個人によるセミオーダー、PXメーカーに対する助言等、「かゆいところに手が届く」各種個人装備、被服、旧装備の復刻等を行っています。 詳細は「オーナーへメッセージ」よりご連絡下さい。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
QRコード
QRCODE

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年02月12日

戦後警察けん銃について (モーゼル拳銃)

「群馬県警察史」において使用が確認された「モーゼル拳銃」。

終戦まで朝鮮や、満州などの外地では警察官にモーゼルC96が使用されており、日本軍でも「モ式大型自動拳銃」として準制式化されていたことから、



「戦後日本警察でも『モーゼル』ことC96が使われていた?」

と、局地的に話題となっていたが、前回記事の掲載後に情報が寄せられたので、ご報告。

おさらいすれば「群馬県警察史」では、昭和23年3月当時で「一四年式(214丁)」に次ぐ勢力として「モーゼル(38丁)」が群馬県下の各警察署に1~2丁配置されており、本部保管分と合わせた場合、数の上では「群馬県警の主力けん銃」であったことが記されている。

以下、日本軍研究をされている在野の研究家の方から頂いたお便り。

「昭和6年に、福岡県警察部では「放縦無節制ナル渡者蝟集」する鉱山等の警戒のため私服員に対し「4 1/2インチ モーゼル十連発自働拳銃」の帯用許可が申請され認可されています。この当時に「モーゼルHSC自働拳銃」はありませんから、この「4 1/2吋(インチ)モーゼル十連発自働拳銃」はおそらく「モーゼルM1910自働拳銃」あるいは「モーゼルM1914自働拳銃」のことと推測されます。」(千葉県 てつさん)

http://www.jacar.go.jp/DAS/meta/image_A05032023700





※ 広告中には25口径で「全長四寸二分」(※約126㎜)、32口径で「全長五寸(※約150㎜)」の文字が確認できる。





※ 国立公文書館に保管されている「警察官吏拳銃帯用の件(福岡県)」では「独逸モーゼル自動拳銃 全長4 2/1吋(インチ。=113.76㎜) 十連發」と記されているため、福岡県警で使用されたモーゼルは「全長113.76㎜のモーゼル自動拳銃」ということになり、寸法的にはモーゼル自動拳銃のうち25口径のものが「全長四寸二分」(※約126㎜)と近似しており、25口径のものを使用していた可能性が高い?

――と、調査を進めていたところ、新たなお便りを頂戴。

「写真の銃がモーゼル拳銃です。同形で小型と大(中)型があり、口径も小型が25口径で大型が32口径です、カタログからも解るように日本軍の将校の私物や官公庁向けといては戦前はかなりポピュラーな存在でした。文鎮モデル(大型)を見ても、ブローニングと同等のコンパクトさが見てとれます。」(千葉県 からし伍長さん)





※ 文中には「総長 四吋八分ノ三」(約110.59㎜)、「弾倉装填数 九發」の記述が確認できる。

ここで改めてC96はじめ、いわゆる「モーゼルミリタリー」の諸元を見てみると、



全長 308mm
銃身長  140mm
装弾数 10発、20発


C96の銃身長は140㎜であり、「警察官吏拳銃帯用の件(福岡県)」の資料中にある全長4 2/1吋(=113.76㎜) 十連發」の全長をはるかに超えており、全長では180㎜余りの違いがある。この時点でC96が福岡県警察部で使用されていた可能性は排除することが出来る。

wikipediaの「モーゼルC96」ページの「運用」の項目の、

「戦前、日本の警察の一部でも採用された例(福岡県警察部が「独逸モーゼル自動拳銃」として内務大臣に使用認可申請)がある。」

以上の記述は誤りであることが判明。これは記述の根拠となった資料を読めばわかる部分であったはずだが、「モーゼル=C96」という「そうであって欲しい」というマニア特有の思い込みが招いた編集者の誤記であったといえる。こういった個人の「思い込み」がwikipediaなどに記載され、拡散することで、誤りが固定化される部分があり、歴史は捏造される。「wikipediaはソースに成り得ない」ということを証明したかたちといえる。

「群馬県警のモーゼル」に話を戻せば、

・福岡県警で使用された「モーゼル自動拳銃」はM1910またはM1914の可能性が高い
・終戦まで日本軍将校の私物拳銃として「モーゼル自動拳銃」は広く流通し、入手が容易であった
・内務省時代から警視庁などはブローニングなどの小型けん銃を使用していた
・終戦まで警察官個人の「私物拳銃」が存在した


などの要素から、群馬県警で戦後混乱期に使用された「モーゼル」も「モーゼルM1910自働拳銃」「モーゼルM1914自働拳銃」の可能性が高まったといえるが、「モーゼル自動拳銃」と呼ばれた拳銃のバリエーションは多く、文中でも度々言及した「警察官吏拳銃帯用の件(福岡県)」もタイトルの通り、戦前の福岡県警察部での話であって、戦後の群馬県警にそのままあてはめられるものでもなく、さらには終戦まで「警察官の私物拳銃」が存在。各地の警察史を読めば、これらの私物拳銃が戦後も管理替えして使われた記述があり、このなかにいくつかの種類のモーゼルが紛れ込んだ可能性もある――と、やはり一筋縄にはいかない戦後警察けん銃事情の調査なのであった。  

Posted by アホ支群本部 at 02:33Comments(2)調査研究

2013年02月11日

旭日祭

急遽開催された「旭日祭」のご報告。コミケでの「自宅警備隊はじめてのお使い(社会(=権力)のカベを知る)」をきっかけに各地で局地的なブームが巻き起こっている昭和ポリス。そんな昭和ポリス野郎による、昭和ポリス野郎の為のミーティングが開催されたのでご報告。



90鉄帽に「牛殺し」45口径で、「血のメー●ー状態」。



コンテナを検索中。背広に略帽が関西テイスト。



ゴミ穴にただ立つだけで瞬間、「事件」が現出する。



リボルバー祭(←ほぼ回転魂状態)。参加各員の使用けん銃は「ニューナンブ77㎜」、「S&W M1917」、「S&W M10」、「M1911A1」と昭和感度MAX。M1917が多数参加したところに皆の昭和愛が光る。



「漢は背中で魅せる」を地でゆく、アニキたちの後ろ姿。やはり古今東西、「集団の統制美」こそがミリタリー趣味の醍醐味である。



ただ階段を上るだけ出も絵になる昭和ポリス。



「盛夏野郎」の集結した2012年の「第一回旭日祭」の様子。大盾は在沖米軍払下げ。

以下、参加者の装備――といっても、被服は皆、一様に同じなので、個性の光る腰回りについて。



平成に入っても使われたという米軍型ホルスター。ホックの改造された物や、国産のコピー品も存在したという。紺色つりひもがオシャレ。



戦後少数が輸入されたというミリポリM104インチ。グリップアダプターは代用品。が、管理タグの模造品が「お役所感」を底上げし、妙な説得力が生まれる。



昭和時代には外勤警察官用に広く使われたミリポリ用の蓋つきけん銃入れ。

――と、報道写真のなかでしかもはや存在しない昭和ポリスが、大挙、現出した旭日祭。

「内容の濃さに知恵熱が出るかと思った」

「統制美の大事さをつくづく痛感した」

「ディーティルに神が宿るというのは本当だ。ダサ恰好よさこそ「昭和」の真髄だ」


と、非常な好評を博した旭日祭なのであった。  

Posted by アホ支群本部 at 13:57Comments(4)雑記